ブログ

07.10.2020yogalog 呼吸の素晴らしさ、呼吸で幸せに!

雑談
2020.10.08
お仕事のことを中心に日々のつれづれを綴っています。 詳しいプロフィール

マスク生活が長くなってきてそれが原因でさまざまな不調が起こっているようです。

・肌荒れ
・表情筋の不活性による顔の老化
・子どもの無表情やコミュ力の低下
・口呼吸の増加(=免疫力の低下)
・浅い呼吸による自律神経の乱れや失調症

いずれの状況も長期間続くとあまりに弊害が大きいので気をつけなければいけないと思います。

私は自分の肌に身に付けるものに対してやや過敏なところがあるため、なかなかお気に入りのマスクを見つけることができません。
2月ごろからマスクを頻繁に買うようになっていますがこの9ヶ月でおそらくマスクに30,000円は使っているのではないかと思います。

特に冷感マスクはいくつも買いましたが、どうしても私の唇から水分を奪ってしまうようで、皮膚科に行くレベルで口唇炎になってしまいました。
不織布のマスクでは息苦しいし蒸れますし、オーガニックコットンのマスクは悪くないですが、真夏はやっぱり暑かった。水着素材マスクはどうも型崩れしやすくフィットしません。
今のところ一番ましなのがシルクのマスクですが、それでも納得はできていません。

先日友人に勧められて使ってみたポリウレタン素材のマスクは、もちろん洗って使用するのですがどうしてもポリウレタンの独特の匂いが気になります。気になるといってもそれが苦痛と言うわけではなかったので、先日そのマスクをつけたまま1時間ほど電車に乗っていたところ、具合が悪くなり3回も途中下車をするほどでした。

今思えばやはりあのウレタンの匂いが問題だったのだと思います。

ネットで検索すると「マスク酔い」と言う言葉もあるそうで、私はそこまでではないと思いますが敏感な人にとってマスク生活はなかなか厳しいなぁと感じています。

そんな中、ヨガ部ではレッスン中のマスクの着用は自主判断していただいています。

やはり呼吸法が大事なので、マスクをしていただくとヨガの効果が十分には体感できないからです。

ヨガの呼吸は口を閉じて行うので、そこまで飛沫のリスクはありませんし、また話しをするのも私だけで、私も皆さんとは距離を取った上で、さらに皆さんの方向かずに横を向いてデモンストレーションしますので、そこまで飛沫のリスクはないと思います。

そしてクラスでデモをしながら呼吸をはじめると、「あーこんなにたくさんの空気が胸にに入るんだぁ」と私自身が感動するのです。

呼吸が深くたっぷりゆっくりできるだけで感動し幸せになれる私。
お金がかからない女ですね。

でもこの呼吸がなければ私たちは死んでしまう。
呼吸ってすごくありがたいんです。

皆さんは、マスク生活になって自分の呼吸にどのような変化が起こっているかお気づきですか?何か発見があればぜひ教えてくださいね。

CATEGORYカテゴリー一覧

カテゴリー一覧を表示します。

町屋ヨガ部LINE

町屋ヨガ部に関する予約、開催スケジュールのご連絡、急な日程変更などのご連絡はLINE@でも行なっています。町屋ヨガ部のメンバーさんから、参加したことはないけれど興味がある方まで、ぜひご登録をお願いいたします。

詳しく見る

TOP