ブログ

ライター業とヨガ講師を両立させたい理由

ヨガ
2018.03.22
お仕事のことを中心に日々のつれづれを綴っています。 詳しいプロフィール

私の本業はあくまでライターで、
ヨガインストラクターはうまく言えませんが常に学びの途中にあります
(来てくれている生徒さん、ごめんなさい)。

もちろん、「教える」以上、間違ったことを伝えるわけにはいきませんし、
怪我をさせるわけにもいきませんから真剣です。そこはご安心ください。

*********************************************************************

私はライターとして駆け出しのころは、
今よりもっと「美容」の執筆に特化していました。
新作のコスメ、メイクアップの方法、ダイエット記事などを多く書いていたのです。
仕事の一方で、私の一番の趣味はいつしか「ヨガ」になり、
気づいたらインストラクター資格を取るほどまで
ヨガにのめり込んでいました。

ヨガをしていると「美容」って「健康」あってのことだとつくづく思い知らされます

まつ毛のエクステをつけようが、
ネイルサロンに毎月行こうが、
24時間つけていても大丈夫なファンデーションを塗っていようが、
健康で内側から輝き、自分を好きで自分に自信がなければ意味がないことだと、
ヨガを学んで気づいたのです。

そのあたりから、私の書く記事も「美容」より「健康」に関するものが増えてきました。
今はライター業(得に取材)を通して知った情報を
ヨガのクラスに行かせることが強みだと感じています。
ヨガの情報だけでなく、取材でお会いした専門家(特にお医者さんが多い)の方から得た、
最新の健康情報などをクラスに取り入れることができるのです。

**********************************************************************

ライター業を通して取材する中で感じているのですが、
現代の医療健康の世界は「IPS」「ナノ」「細胞レベル」といった言葉が象徴するように、
より「ミクロ」の世界に近づこうとしています。

そして「生命の誕生」「病気になる理由」といった未だ解明されていない問題や
人類の不思議にアプローチし続けているのです。

どうやったら子どもが誕生するかは誰もが知っている通りですが、
精子と卵子がどうやったらできるのかはわかっていません。
不摂生やストレスが病気の原因になることはわかっていますが、
なぜ不摂生やストレスが病気を引き起こすのか、
その決定的なメカニズムについても全てがわかっているわけではないのです。

でも面白いことに、5000年以上前に誕生したヨガにはそれらの答えがあったりします
(科学的には証明できないことも多いですが)。
例えば呼吸法。呼吸で得られる恩恵を、現代の科学では「自律神経」で語りますが、
ヨガでは、自律神経だけでなく「ナディ」という目に見えないエネルギーからも説明し、
将来的には現代科学でも「ナディ」を語る日は遠くないと感じています。
「チャクラ」も同じですね。

他にわかりやすい例では「瞑想」や「マインドフルネス」があります。
最近科学的にもこれらに効果があることが話題となっていますが、
ヨガでは当たり前の知識です。

仕事では最先端のことを取材していますが、
それがヨガの世界に持ち帰ると、すでにそこにあることが多く、
これはとても面白いことです。
そしてヨガをする必要性が、私の中でますます強化されていくのです。

***************************************************************************************

時代の最先端にいるはずの私たちが、古代からある叡智に追いつこうとしている。
ヨガを学び、実践するようになって(まだまだ入門レベルをウロウロしている私ですが)
ヨガからたくさんの恩恵を受け、十分すぎるほど幸せで、健康にも自信があります。

でもまだまだ、ヨガには宝があるのです。
学びたい意欲と興味がつきません。
「ヨガを深く知りたいなら、教えるのが近道」
恩師からのこの言葉があって、私は教えることをはじめました。
でも教えるより自分がヨガを実践する方がずっと好きです。

なんでライター業とインストラクターなの?とよく聞かれますが
私にとっては2つの世界はそう離れていません。
ライター業で知ったことを掘り下げ、確認し、
自分の生活に持ち帰って生かそうとすると、
そこに必ずヨガがあり、その逆もあるのです。

CATEGORYカテゴリー一覧

カテゴリー一覧を表示します。

町屋ヨガ部LINE

町屋ヨガ部に関する予約、開催スケジュールのご連絡、急な日程変更などのご連絡はLINE@でも行なっています。町屋ヨガ部のメンバーさんから、参加したことはないけれど興味がある方まで、ぜひご登録をお願いいたします。

詳しく見る

TOP